fbpx

警戒に反して進む円安、米中の次にターゲットとなる日米貿易のアンバランスの影響は?(3/4)

米中貿易協議の進展に期待をよせつつ、今週はECB定例理事会、米2月雇用統計(予想は鈍化)、2月ISM非製造業指数(鈍化予想)など、米国経済の先行き懸念も強い。(『トマスモア 外為相場情報 -勝つための最強法則-』)

これ以上の円安にはなりにくい中、112円台を付ける場面も

USD/JPY: ドルは懸念に反して続伸か

米通商代表部(USTR)は議会に提出した通商政策の年次報告書で、「米政府は国内の労働者や輸出企業にさらなる機会をもたらすため、日本、欧州連合(EU)、英国との新たな貿易交渉に乗り出す」ことを表明したこともあり、これ以上の円安になりにくい状況にあるが、こうした中で、112円台まで円安に振れていることは、円キャリートレードが再開している気配があるとも言える。

米中問題の次のターゲットは日本との貿易アンバランスだが、日本は重要な同盟国であるだけに、あまり無理な要求は避けるのではないか。米国国内への経済的マイナスな影響も加味しなければならない状況にあることとも強硬な姿勢を取り得ないだろう。

200日修正指数移動平均レート(Ajust Exponential Moving Average: MEMA)は111.01、90日指数移動平均レートは110.98、55日指数移動平均レート110.91、21日移動平均レートは110.54、10日移動平均レート110.79です。

<直近2週間の実績レンジ>

高値112円08銭 / 安値110円35銭 半値111円22銭

<今後1週間の予想レンジ>

高値112円75銭 / 安値111円25銭

ドル円 日足(SBI証券提供)

ドル円 日足(SBI証券提供)

Next: ユーロ円の今後の動向は…

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい