fbpx

インターネット革命を起こしたソフトバンク、投資を武器に次はどこを目指すのか?=栫井駿介

転機となったアリババへの投資

翻って現在はどうでしょう。

ソフトバンクグループはいつの間にか「投資会社」に変貌しています。転機となったのは、アリババへの投資が成功したことです。アリババ創業者にジャック・マーに欲しいと言われたものを大きく上回る金額を握らせ、結果として何千倍ものリターンを得ました。

いまやソフトバンクグループの価値の大半もアリババとなっています。

出典:ソフトバンクグループ 2020年3月期第2四半期決算説明資料

出典:ソフトバンクグループ 2020年3月期第2四半期決算説明資料

10兆円にもおよぶビジョン・ファンドを立ち上げると言い始めたのもこの頃です。自分の目利き力があれば、第2、第3のアリババを発掘できると考えたのでしょう。

しかし、実際に投資していたのは、不動産会社の域を出ないWeWorkや、すでに大きくなりつつあったUberなどのライドシェア各社です。

経営の目的は「顧客の創造」にある

この動きを見て思うのは、今のソフトバンクグループには「顧客の姿」が見えないということです。

「AI革命」を掲げていますが、実際に投資していたのが不動産会社ということなら「何がしたいのか?」ということになりますし、すでにある程度大きくなった企業へ投資するなら、ソフトバンクでなくても良かったでしょう。

誰にとって、どうやって世の中が良くなっていくのか、そこでソフトバンクがどのような役割を果たすのか、行動と結果が結びつかないのです。

WeWorkに関しても、一刻も早く利益を確定しようと上場を急いだ節がありました。今の姿を見ていると「そこにいる顧客」ではなく、投資で成果を出すことばかりに精を出しているように見えるのです。そこに哲学は見えてきません。

経営学者のピーター・ドラッカーは、経営の目的を「顧客の創造」だと言いました。ソフトバンクはそれを果たしているでしょうか。私には顧客の姿は見えず、利益を追求しているだけのように感じられます。


つばめ投資顧問は、本格的に長期投資に取り組みたいあなたに役立つ情報を発信しています。まずは無料メールマガジンにご登録ください。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

image by: glen photo / Shutterstock.com

【関連】AbemaTVはSpotifyのように成長する?そう思わせるビジネスモデルの仕組みとは=シバタナオキ

【関連】初値はプラス52%、医療ケア事業を行うアンビスHDのさらなる成長に必要なものとは?

【関連】たった36銘柄の11月権利の優待銘柄で光る、QUOカード銘柄ベスト5【優待ランキング】

1 2

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2019年11月17日号)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー