fbpx

もはやトルコリラ円は絶対に買ってはいけない~スワップ狙いの日本人投資家が苦境へ=今市太郎

トルコリラ円が急落しています。多くの投資家がスワップ狙いで長期に保有してきたトルコリラ円のロングは無意味なものになろうとしている点に注意が必要です。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2020年4月23日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

トルコリラ円のロング(買い)が無意味に

22日トルコ中銀の政策決定会合があり、市場の予想通り再度の政策金利の引き下げが行われました。結果8.75%で1.00%の引き下げとなり、市場の予想を上回る利下げ率となってしまいました。

これを受けて瞬間的にトルコリラ円は売られましたが、その後は15.40円台でなんとか推移しています。

トルコリラ/円 日足(SBI証券提供)

トルコリラ/円 日足(SBI証券提供)

相対取引をする国内の店頭FX業者からは、新たなロングのスワップポイントは発表されていません。しかし、ここまで政策金利が下がってしまいますと、もはやトルコリラ円のスワップはつかない、もしくはマイナスになる可能性が非常に高いでしょう。

ここ数年多くの日本人トレーダーがスワップ狙いで長期に保有してきたトルコリラ円のロングはまったく意味のないものになろうとしている点に注意が必要です。

実質マイナス金利のトルコリラ

トルコ統計機構発表の3月消費者物価指数(CPI)の上昇率は、前年同月比11.86%で前月の12.37%からは若干低下しています。しかし、すでに1WEEKの短期レポ金利はこれを下回っており、今回の利下げでさらに下落することが予想されます。

となると、実質的なマイナス金利は深堀される形になりますので、トルコと日本との政策金利差
の実数ではないスワップポイントの設定となってしまうことから、一部の業者ではすでにゼロスワップポイントや一時的にマイナスとなるような場面も出始めているわけです。

したがって、今回の利下げでトルコリラ円をロングしてもマイナスのスワップポイントとなる業者が続出する可能性があり、もはや保有の意味は完全になくなりつつあります。

Next: トルコの感染者数は22日朝時点で9万5,591人(前日比4,611人増)、死者は――

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー