fbpx

8月暴落にご用心。米国ばら撒き終了リスクと中国官製株式ブームが日本を飲み込む=藤井まり子

やっぱり「8月の波乱」にはご用心

ところが、金融相場では「良い情報は悪い情報」です。

アメリカ経済がV字回復を遂げれば遂げるほど、アメリカ共和党内部の「財政タカ派」からは、「景気回復がここまで順調ならば、『追加のヘリマネ:1.3兆ドル』は必要ないのでは?」といった疑問が生まれてきてしまいました。

これは、とても由々しい事態です。

トランプ政権およびムニューシン財務省は、かねてより、7月末日に期限の切れる「追加のさらなる失業給付金」に代わるものとして、「およそ1.3兆ドルのヘリマネ」を議会で通過させたいとの「強い思い」があります(ちなみに、民主党案はもっと巨大でおよそ3.0兆ドルの追加の財政刺激策を主張しています)。

アメリカの株式市場は、7月末日に期限が訪れる「個人向けヘリマネ」に代わる「1.3兆ドルの追加のヘリマネ」法案が、7月末日までに、あるいは8月第1週までに成立することを見越して、それを織り込んで上昇してきたところがあります。

この「追加の1.3兆ドルのヘリマネ」法案が、共和党内部の一部の財政タカ派の反対によって、8月第1週までに成立しなかったならば、マーケットにとっては「大きなネガティブ材料」になることでしょう。

アメリカ共和党内部の財政タカ派は、ちょっと「アンポンタンちゃん」なんです。彼らは、2008年のリーマンショックの真っ最中にあっても、「財政刺激」法案に大反対。この法案を議会で通過させませんでした。それで、あの「2008年秋の大暴落」が起きたわけです……。

大暴落が起きてからやっと、財政タカ派たちは「刺激策は必要だったんだ!」と反省するのでした……。その後、同法案は議会を通過します。

時は流れ流れて2020年夏。もしかするとひょっとすると、「追加の1.3兆ドルのヘリマネ」法案も、1回は否決されてしまうかもしれません。性懲りも無く、株式市場が大幅下落しないと、議会は通過させないかもしれません。

「8月の波乱」は、やっぱりいまだに「ご用心」です。

なにはともあれ、年末(?)に向けて、あるいは本格的な夏場に向けて(?)、内外の株式市場は史上最高値を試していくことでしょう。

すなわち、S&P500ならば3,400ポイント、ダウならば2万9,500ドル、日経平均ならば、2万4,100円あたりを再び試していくこと見ています。

続きはご購読ください

【要注意】資産形成および投資は、必ず「自己責任」でお願いします。この記事は藤井まり子の個人的見解を述べたもので、当メルマガ及び記事を読むことで何らかの経済的及び精神的被害を被ったとしても、当方は一切責任を負いません。

<メルマガ購読ですぐ読める! 7月配信済みバックナンバー>

※2020年7月中に定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年7月配信分
  • 今、上海株式市場が熱いかもしれない~やっっぱり「8月の波乱」にはご用心(7/14)
  • 引き続き、当面マーケットは一進一退へ~一時的に「15%~20%の大幅下落」の可能性には要注意(7/10)
  • 想定以上に強いアメリカおよび世界経済のV字回復~「8月の波乱」は回避可能か?(7/7)
  • 当面マーケットは「一進一退」へ:秋の「15%~20%の大幅下落」いは要警戒!(7/3)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』2020年7月14日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】10万円給付を待ちわびる一般国民を尻目に、富裕層はもう大きなプレゼントを受け取っている=鈴木傾城

【関連】金価格高騰もまだまだ破格に安い?「金レシオ」でわかる今後の伸び代とリスク=吉田繁治

【関連】コロナ危機が金持ち父さんと貧乏父さんの分かれ道に。貧乏父さんが貧乏のままのワケ=花輪陽子

image by:Evan El-Amin | plavevski / Shutterstock.com
1 2 3

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート』(2020年7月14日号)より一部抜粋、再構成
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

藤井まり子の資産形成プレミアム・レポート

[月額16,500円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
「マクロ金融・資産形成 de あそぼ♪」の筆者:藤井まり子が、金融資産3,000万円以上の読者に向けて送る「富裕層向けの資産形成のプレミアム・レポート」。第一メルマガ「~de あそぼ♪~」が、「結論と要約だけ知りたいし、具体的に何をしたらよいの教えてほしい」と熱望しておられる愛読者様に、是非ともお勧めです。この第二プレミアム・メルマガの購読者の方々は、ゴールド会員として、よりきめ細やかなアドバイスも、常時双方向で無料提供します♪年金不安なんか、ぶっ飛ばしましょう♪

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー