fbpx

中国で「無人タクシー」が日常風景へ。なぜ日本の自動運転技術は勝てない?=牧野武文

北京が「世界で最初に自動運転車が走る都市」へ

面白いのは、その実現方法です。交通委員会はテスト走行可能な道路を指定しました。そのほとんどは、環状バイパスと車幅の広い幹線道路です。バイパスの出入ランプなどは適用外となるので、その場所を通過するには、自動運転をオフにして手動運転しなければなりません。

そして、自動運転車を免許試験場に持ち込んで、通常の運転免許試験とほぼ同じ内容の試験を行い、合格した車両に自動運転車ナンバーを交付しました。また、このナンバーは有効期限が30日間で、更新をするには北京市が指定する専門委員会の認証を受ける必要があります。

また、自動運転をする場合でも、免許を取得してから3年以上、過去に薬物や飲酒運転の処罰歴がない試験運転者が運転席に乗車することを義務付けました。万が一事故が起きた場合でも、それが自動運転中のものであっても、この試験運転者の責任になると定められました。試験運転者は、自動運転中に危険を感じた場合は、すみやかに手動運転に切り替えて、危険を回避しなければなりません。

さらに、走行試験を行う企業は、補償額が500万元以上の自動車保険に加入することも義務付けました。

つまり、百度の事件から、わずか半年で、試験走行する環境を整え、「世界で最初に自動運転車が走る都市」を目指すことを打ち出したのです。

「北京市自動運転車両道路試験報告2019年」(北京智能車聯産業創新センター)によると、自動運転のテスト走行が可能な一般道は、151路線、503.68kmになっています。2019年までで、77台の車両が合計104.02万kmの走行試験を行いました。この中で最も多いのは百度で、52台の車両が89.39万kmの走行試験を行なっています。

現在のところ、事故の報告はありません。公道走行試験では、少しでも異常があったり、渋滞などで道路状況が通常とは異なる場合、早めに試験を中止して手動運転に切り替えるからです。

一方で、北京市には自動運転車の閉鎖された走行コースも用意されていて、こちらでは一般車に迷惑をかける心配がないため、ぎりぎりの試験走行が行われるため、事故が起きています。

2019年に、閉鎖試験場コースでの走行は13.36万kmに達しました。16件の事故が起きたので、平均して8350km走行するのに1件の事故が起きたことになります。その内訳は、縁石、分離帯への接触が8件、信号、標識などへの接触が5件、ダミー人形への接触が2件、ダミー車両への接触が1件となっています。運転席や助手席に乗車している試験員にケガが起きるような事故は起きていません。

このような成果が、ロボタクシーの試験営業に結びついています。

続きはご購読ください。初月無料です

自動運転が導入された7つの領域

無人配送はすでに実用化レベル

自動運転で食べ物を配る無人配食車も

住人の足として活躍するロボバス

5Gとの連携でトレーラー・トラックの自動運転化も

自動運転普及の鍵はロボタクシー

自動運転車とバスの接触事故から学べること

あと10年で中国は無人タクシーだらけになる

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

【関連】Amazonや楽天も潰される?中国第2位のECに急浮上「拼多多」とは何者か=牧野武文

【関連】実は中国格安スマホが最先端?注目企業「OPPO」「VIVO」創業者を育てた段永平の才覚=牧野武文

【関連】いつ日本のスマホ決済は中国に追いつくのか?アリペイに学ぶ「爆発的普及」の条件=牧野武文

【関連】レナウン、コロナ倒産ではない? 中国企業との取引に潜むリスクと、破綻の真相=澤田聖陽

<初月無料購読ですぐ読める! 8月配信済みバックナンバー>

※2020年8月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年8月配信分
  • vol.031:大量導入前夜になった中国の自動運転車(8/3)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『知らなかった!中国ITを深く理解するためのキーワード』2020年8月3日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込550円)。

2020年7月配信分
  • vol.030:コロナ終息後、中国経済に起きている5つの変化(7/27)
  • vol.029:店舗、ECに続く第3の販売チャンネル「ライブEC」(7/20)
  • vol.028:MaaSにいちばん近い企業。滴滴出行の現在(7/13)
  • vol.027:中国に残された個人消費フロンティア「下沈市場」とは何か?(7/6)

2020年7月のバックナンバーを購入する

2020年6月配信分
  • vol.026:中国インバウンド客はいつ頃戻ってくるか?(6/29)
  • vol.025:ポイント還元をむしゃぶりつくす羊毛党とその産業構造(6/22)
  • vol.24:ゲーム業界から注目される女性プレイヤー。「彼女ゲーム市場」とは何か(6/15)
  • vol.023:即時配送が変える小売業態。新小売と社区団購(6/8)
  • vol.022 OPPO、vivoを生んだ歩歩高とその創業者段永平(6/1)

2020年6月のバックナンバーを購入する

2020年5月配信分
  • vol.021 感染拡大で実戦投入された人工知能テクノロジーの数々(5/25)
  • vol.020 経済復活の鍵は「ライブEC」。感染拡大から広がる新たな販売手法(5/18)
  • vol.019 生き残りを賭ける飲食業。鍵は「外売」(デリバリー)(5/11)
  • vol.018 ニューノーマル。終息後の新日常は、以前とどう変わるのか?(5/4)

2020年5月のバックナンバーを購入する

2020年4月配信分
  • vol.017 アリババとテンセント。ECビジネスをめぐる衝突(4/27)
  • vol.016 敗走するアマゾン、カルフール。理由はグローバルとローカルの衝突(4/20)
  • vol.015 中高年にスマホ決済を浸透させた台湾庶民派スーパー「PX Mart」の取り組み(4/13)
  • vol.014 1日で4.1兆円売り上げる「独身の日」は、どのように生まれたのか?(4/6)

2020年4月のバックナンバーを購入する

2020年3月配信分
  • vol.013 1日で420億円の商品を売る。網紅の桁外れの販売力の仕組み(3/30)
  • vol.012 広告メディアとしてのTik Tok。その驚異のコンバージョンの秘密(3/23)
  • vol.011 人口ボーナス消失とZ世代。経済縮小が始まる(3/16)
  • vol.010 中国テック企業は、新型コロナとどう戦っているか(3/9)
  • vol.009 潜在顧客を掘り起こし、リピーターを育成するモバイルオーダー(3/2)

2020年3月のバックナンバーを購入する

2020年2月配信分
  • vol.008 新小売戦略の要となったフードデリバリー「外売」(2/24)
  • vol.007 ミニプログラム活用で新規顧客を獲得する店舗小売(2/17)
  • vol.006 中国のEVシフトは成功なのか。それとも失敗なのか?(2/10)
  • vol.005 第2位のECに浮上した拼多多とは何ものか?(2/3)

2020年2月のバックナンバーを購入する

2020年1月配信分
  • vol.004 ファーウェイと創業者、任正非(1/27)
  • vol.003 シェアリング自転車は投資バブルだったのか(1/20)
  • vol.002 アリペイとWeChatペイはなぜ普及をしたのか(1/13)
  • vol.001 生鮮ECの背後にある前置倉と店倉合一の発想(1/6)

2020年1月のバックナンバーを購入する

【関連】レジ袋有料化、経済危機に追い打ち。客にコストを押し付け、店の効率を阻害=斎藤満

【関連】東京五輪「中止」で確定していた? 安倍首相「完全な形で開催」発言が持つ裏の意味

【関連】「彼氏にしたい職業」上位はぜんぶ地雷、玉の輿に乗りたいなら○○な男を選べ=午堂登紀雄

image by:metamorworks / Shutterstock.com
1 2 3 4

知らなかった!中国ITを深く理解するためのキーワード』(2020年8月3日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

知らなかった!中国ITを深く理解するためのキーワード

[月額550円(税込) 毎週 月曜日 発行予定]
急速に発展する中国のITについて、企業、人物、現象、テクノロジーなど、毎回1つのテーマを取り上げ、深掘りをして解説をします。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー