fbpx

報道されぬコロナ致死率の大幅低下。それでもまったく油断できない理由=高島康司

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、あまり日本では報道されていない傾向がある。それは、致死率の大幅な低下という傾向だ。2021年以降のパンデミックの動向と合わせて解説したい。(『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』高島康司)

※本記事は新型コロナウイルスに関する内容が含まれます。新型コロナウイルス感染症については、厚生労働省などの公的機関が発表する情報をご確認ください。

※本記事は有料メルマガ『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』2020年11月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

新型コロナウイルスは新たな拡大期に入った

新型コロナウイルスにおける致死率の低下と、2021年におけるパンデミックの動向について解説したい。

欧米や日本で、新型コロナウイルスのパンデミックが止まらなくなっている。「ジョンズ・ホプキンス大学」のまとめでは、新型コロナウイルスの感染が確認された人数は、日本時間の24日の時点で、世界全体で5,961万8,889人で、死亡者は139万6,359人に上っている。感染者のもっとも多いアメリカでは、124万6,039人で、死亡者数は25万7,671人だ。急速に拡大している。

アメリカほどではないものの、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリアなどの主要なヨーロッパ諸国でも同じような状況だ。ここ数日で拡大のスピードが少し鈍化しているものの、パンデミックは拡大している。

また日本でも新たな感染拡大が始まっている。東京では1日に400人を越える新規感染者も珍しくなくなっている。大阪でも300人を越える日も出てきた。日本全国でも新規感染者が2,000人を越える日も増えている。そうしたなか、政府は24日、観光支援事業「GoToトラベル」で、新型コロナウイルスの感染が拡大している札幌、大阪両市の一時除外を決定した。いまのところ、蔓延がいつ収束するのか見通しは立っていない。

こうした世界的なパンデミックの再拡大を、第2波と見るのか、それとも第3波や第4波と見るかは専門家でも意見が分れているが、ただ2019年12月に始まった新型コロナウイルスのパンデミックが、新たな拡大期に入ったことだけは間違いないようだ。

ワクチンへの期待が高まっている

もちろん、蔓延拡大が早期に収束する可能性を示すニュースもある。新しいワクチン開発の成功である。

11月23日、イギリスの「アストラゼネカ」は新型コロナウイルスのワクチンの大規模臨床試験の良好な中間解析結果を発表した。有効性は平均して70%だ。同社はオックスフォード大学と提携して開発しており、安価で保管・輸送がしやすいのが特長だとされている。

これは、90%超の有効性が示されたと発表したアメリカの「ファイザー」、そしてやはり同水準の有効性がある「モデルナ」に続く3番目のワクチンだ。

これら3つのワクチンの供給は早ければ2021年の年明けにも始まると見られ、新型コロナウイルスのパンデミックの抑制に期待感が高まっている。

Next: 報道されない致死率の大幅な低下。日本では1.5%まで下がっている

1 2 3 4 5
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー