北朝鮮に舐められた日本が決して忘れてはならぬ「最強の戦略」とは?=北野幸伯

なぜ北朝鮮と米国は挑発を繰り返すだけで、本格的な対話の場を持たないのでしょうか。その根底にある両国の思惑と、日本がとるべき戦略について考えます。(『ロシア政治経済ジャーナル』北野幸伯)

金正恩の焦りとトランプの真意。日本にとってベストの戦略は?

考えられる3つの「対北朝鮮政策」

「対北朝鮮政策」には、大きく3つの方向性があります。

1つ目は、「戦争」。これは、多くの犠牲者が出る。「韓国人は、最低100万人は死ぬ」といわれています。それで、アメリカの歴代大統領も、決断できなかった。

2つ目は、「国連安保理を通じ、制裁を強化していくこと」。私は、これを支持しています。「緩衝国家・北朝鮮」を守りたい中国、ロシアが、抵抗する。しかし、北が、安保理を無視してバンバン挑発を繰り返すので、中ロも守りきれなくなっている。それで、制裁が徐々に強化されてきています。

3つ目は、「北朝鮮と対話すること」です。「平和を希求する日本人」だと、「対話すればいいのに」と考える人も多いのではないでしょうか? 正直いうと、私も「対話すればいい」と思います。しかし、やるなら、「アメリカ、韓国と一緒」でなければならない

日本が単独で交渉してはいけない

日本が勝手に対話をはじめれば、アメリカは、「そうか、俺たちを無視してそういうことをやるのか、日本は!」と激怒することでしょう。

キッシンジャーはかつて、田中角栄がフライングして中国と国交回復したことに激怒。彼は、「ジャップは最悪の裏切り者!」と憎悪を露わにした。日本が北と単独交渉すれば、トランプの「顧問」であるキッシンジャーは、「ジャップは、相変わらず最悪の裏切り者!」と叫び、トランプも納得することでしょう。

するとどうなるか? アメリカは、日本に内緒で北と秘密交渉をはじめ、

  1. 北朝鮮の核兵器は、黙認(もちろん公表されない)
  2. アメリカを攻撃できるICBMは、廃棄
  3. 日本、韓国を攻撃できる弾道核ミサイル保持は黙認
  4. アメリカは、北朝鮮の体制存続を保証する

なんてことになりかえない。

え? ありえない? そんな人は、歴史を知らないのでしょう。アメリカは70年代、共産党の一党独裁国家中国と和解するために、台湾と断交したではないですか?(日本も追随)

アメリカは、こういう恐ろしい国なので、「猪木さんを団長に、日北交渉を単独で開始しよう」などとやっては絶対にいけない。日本は、あくまで、アメリカ、韓国と「チーム」で北にあたる必要があります。

ところで、アメリカは、なぜ「対話」を拒否するのでしょうか?

Next: なぜ北朝鮮とアメリカは対話のテーブルにつかないのか?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー