fbpx

私が考える「良いROE主義」と「悪いROE主義」の違い=内閣官房参与 藤井聡

記事提供:『三橋貴明の「新」日本経済新聞』2016年9月7日号より
※本記事の本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部によるものです

【関連】「ポケモンGO」と「国土学」=内閣官房参与 藤井聡

当たり前に蔓延する「悪いROE主義」を駆逐するために

以前、『「投機」から「投資」への転換を促す「構造政策」を』にて、デフレ脱却のためには、デフレギャップを短期的に埋める財政政策が何よりも求められている一方、その財政政策の効果を高め(かつ、デフレ脱却後の成長をより加速し)ていくためにも、「投機」ではなく「投資」を拡大していく環境を整えることが必要であることを指摘しました。

そのためには超高速取引の規制や、より長期に保有している株主を優遇する制度の導入等も重要である事を指摘しましたが、それらと同時に以下の点も、指摘しました。

『株式企業の「四半期決算開示義務」について、必ずしも四半期決算を開示しなくてもよい、という制度に「規制緩和」していくことも重要です。

そもそも、四半期決算開示を行い、「わが会社は、常に良い業績を納めていますよ」と常に株式市場にアピールし続けることを強制する今日の状況下では、各企業に企業業績(あるいはROE)を「よく見せる」プレッシャーがかかり、結果として投資が抑制されていくことになります。』

この点を理解するために重要となるのが、ROEという概念です。これは、Return On Equity の略称で、日本語では「株主資本利益率」と呼ばれるものなのですが、これは、「株式企業の業績」を「評価」するための尺度の「一つ」です。

ではどういう尺度かというと、

ROE(株主資本利益率)=当期純利益(profit for the period)÷ 株主資本(stockholder capital)

というもの。

つまり、1000万円を「株」を通して(株主たちから)入手した企業が、ある「期」において100万円儲けたとりましょう。そうすると、ROEは10%ということになります。

優秀な企業は「たくさん」儲けますからROEは高くなる、と考えられることがしばしばあります。あまり深く会社経営のことを知らない普通の人達の感覚、つまり「シロウト感覚」で言うなら、「儲ける会社の方が、儲けない会社よりもいいに決まっている」と感じられるからです。

特に、株式市場で資金を運用しようとしている投資家、あるいは投「機」家たちにとってみれば、ROEが高い企業の株を買いたくなるのも当然です。

なぜなら、同じ100万円をROEの低い会社に(その株を買うことで)投資するよりも、ROEの高い会社に投資する方が、多くの「利益」を生み出し、その結果、より多くの「配当金」を手にすることができるからです。

株主から見ても、シロウト感覚でいっても、ROEが高い企業は優秀な企業なのだから、「全ての企業はROEをあげりゃぁ、それでいい。兎に角ROE向上の数値目標を掲げて頑張れ!」という「ROE至上主義」の風潮が出てきたとしても不思議ではありません。

…そして事実、現在、その様な流れが、明確にわが国には存在します。
http://www.nikkei.com/article/DGKDASGD25H1T_V20C14A8EN1000/
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2014-09-16/NBO8126JTSEH01

ただし…物事はもう少し複雑に出てきているのです。

Next: 何が違うのか。「良いROE主義」と「悪いROE主義」

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい