「お金なんて生活に必要な分だけあればいい」の考えが男をダメにする=午堂登紀雄

「そんなに稼いでも仕方がない」「生活に必要なお金があればいい」という考えは、単なる負け惜しみです。自分の才能をフル活用して稼ぐことが幸せに繋がります。前回前々回に続き、子どもを一流の成功者に育てる金銭教育について考えます。(『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』午堂登紀雄)

※本記事は有料メルマガ『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』2018年7月9日号を一部抜粋したものです。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:午堂登紀雄(ごどう ときお)
米国公認会計士(CPA)。1971年生まれ、岡山県出身。中央大学経済学部 国際経済学科卒。株式会社エディビジョン代表取締役。一般社団法人 事業創造支援機構代表理事。

そこそこでいいは甘え。「圧倒的に稼ぐ」ことが人生を豊かにする

「生活に必要なだけのお金があればいい」をやめる

私はマネーに関する情報発信をしていることもあり、ネット上で時々このような指摘を受けることがあります。

「そんなに稼いでも仕方がない」「生活に必要なお金があればいい」「お金なんて必要最低限でOK。それよりも人生を楽しみたい」

しかしそれは、単なる負け惜しみのように聞こえます。そうやって自分の可能性を制限したり諦めたりする親の生き方・考え方を見て、子はどう感じるでしょうか。

稼ぐ力は生きる自信であり、人生の希望につながる

私自身が体感していることですが、稼ぐ力がついてくると、労働時間を減らしてもなお稼げるようになります。

稼ぐ自信は生きる自信となり、心の余裕をもたらします。他人からどう思われようと堂々と自分の生き方を貫くことができるようになる。

そして将来に対する不安はなくなり、未来はとんでもなく明るいと思えるようになる。朝起きるたびにワクワクし、夜は深い満足感に満たされて眠りにつける。

これは「幸福な人生」を構成するひとつの要素を手に入れたと同じくらい価値があることではないでしょうか。

もし子どもが「必要最低限だけ稼げばいい」と言ったら?

もし自分の子が「そんなに稼ぐ必要はない」と言うようなら、次のような話をしてはいかがでしょうか。

十分なお金があることは、人生の選択肢を広げることにつながる

お金がなければ、いま使っている古いスマホを我慢して使い続けないといけない。欲しい服も頻繁には買えない。いまの学校がイヤでも転校はできない。

でも、お金があればどうだろうか?高性能なスマホにいつでも買い替えることができるし、服も買える。どちらを選ぶか迷ったら両方買うこともできる。引っ越しして転校もできるし、日本の学校がイヤなら留学してもいい。

つまり、「選べる」というのは幸せを手に入れるための力であり、その力を手に入れる方法のひとつがお金なんだ。

稼ぐとは、人の役に立つということ

もうひとつ、お金持ちと貧しい人との違いは何か。

なぜお金が稼げるかというと、人や社会の役に立ち、たくさんの「ありがとう」の声をもらっているからだ。

人をだましてお金を得ても警察に捕まるだけだし、誰かを損させて自分が得しようとしても、いまはすぐにネットで炎上して長続きしない。それはただのバカだろう?

お金を稼ぐというのは、人の問題を解決したり、人の夢をかなえたり、人に満足感を与えたり、人から感謝されることをしているから。そんな「ありがとう」の声が大きいとか数が多いという人にお金がもたらされる

反対に貧しい人は、「ありがとう」をもらう数が少ないか、「ありがとう」の大きさが小さいわけで、それはたいして人の役にやっていないということ。

つまり「そんなに稼がなくてもいい」という人は、「そんなに人の役に立たなくていい」と言っているのと同じこと。そういう人を尊敬できるだろうか。

Next: 貧しい人は、なぜ貧しいのか? 子どもを幸せにする金銭教育のカギ

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい