fbpx

今週の日本市場は決算発表が行方を左右?企業収益が下支えとなるか=馬渕治好

盛りの花~世界経済・市場の注目点

<日本は「ヘリ」?>

先週の日本の株式市況が脆弱(日本発の悪材料が大してないにもかかわらず、他国の株価が下振れすると、他国以上に日本株が下落してしまう)であった、という点は述べました。また、こうした脆弱性が、今回だけではなく、過去も良く生じた、ということも語りました。そうした日本の株式市況の脆弱性は、なぜ生じているのでしょうか。

それについては、海外投資家から筆者は、「日本は経済も株式市場も「ヘリ(margin)だ」とよく言われます。つまり、この「ヘリ」という言い方は、日本は経済にも市場にも、しっかりとした「核」がない、ということを指しているのです。

まず経済面で日米を比べてみると、米国経済は内需というしっかりとした「核」があると言えます。これに対し、日本は輸出依存度(輸出額÷名目GDP)が13.1%と、アメリカの7.8%より高い状態です(2016年の数値、総務省統計局「世界の統計2018」から)。

別に、輸出依存度が高いだけで日本経済が悪い、というわけではありません。ただ、日本からの輸出額を品目別にみると、自動車と自動車部品で約2割を占めており(2017年、以下も同じ)、自動車への依存度が高すぎると言われます。ただ、それ以上に、一般機械が2割、電気機械が18%を占めている点も注目しています。こうした機械類のなかには消費者向けもあるが、半導体製造装置、金属加工機械(工作機械、プレス機械など)、建設・鉱山用機械、産業用ロボットといった、企業向けの最終製品や、それを支える半導体、電子部品が多いのです。

本来は「ヘリ」となるべき海外勢に振り回される日本市場

つまり、世界の設備投資や建設投資に左右される品目が、日本からの輸出に多いわけです。こうした投資は、人間の判断により増減される度合いが大きいです。たとえば、世界の景気が持ち直すと、経営者などが強気になって一気に投資を増やしますが、景気に陰りが出ると、企業の心理が慎重化して投資が一気に削られる、ということがしばしば起きます。

世界の経済において、設備投資や建設投資は「核」ではなく、その周辺の「ヘリ」として大きく増減します。そして、日本からの輸出はその「ヘリ」に依存しており、個人消費などの日本の内需(本来であれば「核」)の成長性が限られると、日本経済全体が「ヘリ」に振り回されやすいことになります。

日本の経済が「ヘリ」として振り回されれば、当然株価も振り回されます。ただ、それだけではなく、日本の株式市場でも、「核」が力不足だと考えます。

海外投資家は、決して日本の経済や企業収益だけに基づいて、日本株を売買しているわけではありません。たとえば、グローバルに資金を運用する海外投資家が、米国の株価が上がるとリスクをもっと取ろうと前向きになって日本株も買う、米国株が下落するとリスクを回避しようとして日本株も売る、といったことがあるでしょう。また、コンピュータプログラムに基づいて株価を売買する海外短期筋は、株価の勢いや日経VIなど株価変動率を示すデータで、日本株を買ったり売ったりすることもあるでしょう。

本来は、そうした海外勢は、日本の株式市場にとって「ヘリ」であり、国内の投資家がしっかりと売買していれば「核」になるはずです。しかし実際には、海外投資家の売買シェアが高く、日本の経済以上に日本の株価が振り回されていると言えましょう。

続きはご購読ください。初月無料です

※ もうひとつのメルマガ『馬渕治好の週次メモ「時の花」』も好評配信中。毎週の日経平均株価と米ドル円相場の見通しを、数値を挙げて解説します。前週の見通しと実際の相場を比較し、予想が当たったか外れたかがわかるようになっています。注目される図表を取り上げる「今週の一枚」のコーナーも。登録初月(登録日から月末まで)は無料で読めますので、ぜひお試し購読をどうぞ。


※本記事は有料メルマガ『馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」』2018年10月28日号の一部抜粋です。毎週いち早く馬渕氏の解説をご覧いただくには、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した項目もすぐ読めます。

【関連】日本の地価崩壊はもう始まっている。東京五輪が「経済災害」になる日

【関連】なぜ買い豚も売り豚も自滅するのか?「次の暴落」が怖くなくなる投資術=鈴木傾城

【関連】「資産は貯金だけ」がいちばん悲惨。日銀「緩和の副作用」で国民はますます貧乏に=斎藤満

1 2

馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」』(2018年10月28日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」

[月額1,650円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
最新の世界経済・市場動向をさぐる「ブーケ・ド・フルーレット」(略称:Bdフルーレット)。この代表である馬渕治好が、めまぐるしく変化する世界の経済や市場の動きなどについて、高水準の分析を、わかりやすく解説します。馬渕が登場するTVや新聞・雑誌コラムなどと合わせて、当メールマガジンも是非ご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー