fbpx

ビットコインは再び220万円へ?東京五輪、半減期ほか注目イベントを控えた2020年展望=大平

2020年は仮想通貨で利益が出せるのでしょうか?東京五輪、米統領選挙、ビットコイン半減期など、相場にとってのビッグニュースとその影響について解説します。(『大平の仮想通貨実践投資メルマガ』大平)

※有料メルマガ『大平の仮想通貨実践投資メルマガ』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

多くの専門家がビットコイン価格は5〜250倍に上昇すると予想?

ジェットコースター相場だった2019年

2019年の仮想通貨市場は、前半の低迷していた価格から上昇し、その後は下落するという、まるでジェットコースターのような相場となりました。

そしてニュースとしては、金融庁の許可に伴う大手企業の仮想通貨取引所の設立で、人々が取引できるプラットフォームが整ってきています。

また一方では、仮想通貨規制が思うように進まない状況もあり、新しい技術やデジタル資産に対する認識が追いつかず、規制の遅れというものが目立っている状況でした。

2020年の仮想通貨相場は、東京オリンピックアメリカ大統領選挙ビットコイン半減期など、相場にとってビッグニュースが待ち構えている状況です。

今回は、2019年の仮想通貨相場の状況を振り返りつつ、2020年の仮想通貨相場の展望について、私独自の視点も交えてご紹介していきます。

<ビットコイン、2019年6月末に大高騰を記録>

2019年前半は、仮想通貨相場全体が低迷していました。

その原因は、2018年末に起こったビットコインキャッシュのハードフォーク(通貨が分裂すること)だと言われていました。しかし、個人的には2018年末に70万円だったビットコイン価格が一気に40万円まで下落する理由には思えず、何か別の原因があったと見ています。

200106_oohira_btcjpy

仮想通貨は、2017年末に訪れたバブルがこれまでの最高値(ビットコインでいえば220万円)となっていますが、2019年6月末には、それまでの低迷していた価格から大きく高騰し、ビットコインは140~150万円の価格を一時的に記録しました。

2017年末のビットコインの価格(220万円)が実態とかけ離れた投機的バブルの価格とすれば、この150万円という価格は驚くべき価格上昇ではないかと個人的に感じています。

2019年前半にビットコインの価格が上がった理由について、実ははっきりとわかっていないのが現状ですが、米中貿易摩擦からの安全資産としての買いなどが理由と言われています。

その後、ビットコインは徐々に高値を切り下げ、12月時点で80万円の価格水準となりました。

<2019年前半の投資のタイミングから利益を得る>

少し内容が脱線しますが、私は『まぐまぐ大賞2019』の「資産運用(予想的中!)」部門で3位の受賞をいただきました。

2019年前半の低迷相場にイーサリアムをはじめほかの通貨に投資していたことが理由です。

なぜ、そこで投資できたのか。それは、相場が悲観している時こそ、中長期で資産を運用する場合に資金を入れるタイミングとして考慮すべきだと考えていたからです。

私は仮想通貨イーサリアムが10,000円という価格を切ったタイミングで資金を入れましたが、それは6月末には36,000円の価格を記録しています。

また価格が低迷していたリップルは、上場がほかの通貨に比べて遅かったのですが、32円付近で買いを入れ50円までで上昇した時に一部利確しました。

そのほかにも2019年のICOで入手したコスプレイトークン(COT)をリリース後2、3倍で利確など、アルゴランド(ALGO)など有望と見ている通貨でも買った後に損失を受けたものもありますが、トータルでは利益を上げることができました。

Next: ビットコインに再び脚光? 2019年の動きから未来が見えてくる

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー