fbpx

新規上場した名南M&Aのさらなる成長は、直接相談件数をいかに増加させるかが重要に

名南M&A<7076>は、2019年12月2日名証セントレックスに新規上場しました。同社の株価は、公募価格2,000円に対して初値は+45.00%の2,900円をつけました。(イノベーションの理論でみる業界の変化

本記事は『イノベーションの理論でみる業界の変化』2020年1月15日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:山ちゃん
東京でシステムエンジニアおよびITコンサルタントとして大企業の情報システム構築に携わったあと、故郷にUターンし、現在はフリーで活動。その後、クリステンセン教授の一連の名著『イノベーションのジレンマ』『イノベーションへの解』『イノベーションの最終解』を読んで衝撃をうけ、イノベーションをライフワークとしている。

初値は公募価格から45.00%上昇し、2,900円でスタート

名南M&Aをジョブ理論の視点からみる

名南M&A株式会社<7076>(以下、同社)は、2019年12月2日名証セントレックスに新規上場しました。業務内容は、中堅中小企業を対象としたM&Aの仲介です。

同社の株価は、公募価格2,000円に対して初値は2,900円をつけました。差異率は+45.00%と値をあげました。なお、1月14日時点の株価は4,375円です。

クレイトン・M・クリステンセン他『ジョブ理論』(ハーパーコリンズ・ジャパン)によれば、この理論はクリステンセン教授たちが長年の歳月を費やして練り上げたもので、次の新しい機会を見つける方法を示し成長のための筋道を明らかにするだけでなく、イノベーションを予測可能にし、その効果は、アマゾンのジェフ・ベゾスらによっても確認されているといいます。

では、このレンズを通して同社のビジネスモデルを眺めると何がみえてくるのでしょうか。これはまたある意味において、イノベーションを生み出すための「思考実験」だともいえます。

ビジネスモデルの特徴

同社の業務フローは、M&Aの紹介を受ける業務提携先の新規開拓などのM&Aニーズの発掘からはじまります。そして、譲渡先を対象とした個別譲渡相談等と買収先を対象とした個別買収相談等を経たのち、トップ面談・条件調整等を行い、最終的に譲渡契約・取引実行に至ります。そして、同社はこれらの業務の対価として譲渡先および買収先双方から報酬を受け取ります。

ビジネスモデル的にみれば、同社のそれは、基本的に譲渡先と買収先をつなげるネットワーク促進型事業です。

同社は対処すべき課題の一つとして「直接相談案件の増加」を、事業等のリスクとして「同業者との競合」「人材の獲得・育成」「単一事業」「クレーム・訴訟」等をあげています。

Next: 名南M&Aが今後、成長するために取り組むべき課題とは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー