fbpx

コロナ致死率、全年齢で0.4%?米国疾病予防管理センター発表でわかった各国の過剰政策=In Deep

全年齢の致死率は「0.4%」

そこで先ほどのCDCのデータを見てみます。これは「COVID-19パンデミックへの対策計画と展望」というもので、CDCによれば、これは、

「公衆衛生の準備と計画をサポートするための見積もり」

が示されているものだそうです。

新型コロナウイルスの、

・ウイルスの伝染性
・症状が出る人と症状を示さない人の比率

などについて、5つのシナリオを想定して数値を出しているものですが、基本的には、「シナリオ5」が、最新の監視データと科学的知識に基づいた、最良の推定値となっている、と記されていますので、そのシナリオ5の致死率を書き表します。

これは、人口全体からの致死率ではなく、「感染した人の致死率」です。

感染した人がどのくらいの割合で亡くなるかを示しています。

■CDCによる新型コロナウイルスの致死率の想定

年齢別の症候性致死率

・0歳〜49歳:致死率 0.05%
・50歳〜64歳:致死率 0.2%
・65歳以上:致死率 1.3%
・全年齢:致死率 0.4%

出典:COVID-19 Pandemic Planning Scenarios – CDC

こうなっていました。

コロナは健康な人にとって「軽微な病気」

死亡率は、49歳以下に関しては、まともな数値にもなっていない低いレベルで、また、49歳以下の場合、亡くなった人たちは、少なくともアメリカでは、

「ほぼ全員、基礎疾患を持っていた」

ことがわかっていますので、このような若い年齢層では、健康な人の致死率は、事実上0%に近いといえるかもしれません。

65歳以上の高齢世代の致死率はやや高くなっています。

この全年齢層の致死率0.4%を、季節性インフルエンザと比較してどうかという点はあるにしても、CDCのデータが示す真実は、「健康な人には、軽微な病気」であるということだけで、それ以外の示唆は見当たりません。

WHOは、3月のはじめに新型コロナウイルスの致死率が3.4%だと発表し、以降はそれが致死率の基準となっていますが、明らかに、その後の臨床例の多い(実際の患者数の多い)アメリカのデータのほうがはるかに信憑性があります。

ちなみに、CDCの発表した中のシナリオ(1)には、以下のような数値も記されているのです。

・0歳〜49歳:致死率 0.02%
・50歳〜64歳:致死率 0.1%
・65歳以上:致死率 0.6%
・全年齢:致死率 0.2%

出典:COVID-19 Pandemic Planning Scenarios – CDC

そして、くどいようですが、このほとんどが「基礎疾患がある人」です。

以前、別の記事でアメリカのニューヨークでの49歳以下の新型コロナウイルスによる致死率が0.05%だということについて書かせていただいたことがありますが、アメリカ全体でも、致死率はかなり低いことになりそうです。

新型コロナウイルスの感染者数と死亡数がとても多いスペインでは、さらに興味深い統計がスペイン政府から出されています。

これを見ると、今年のスペインは「80歳以上の死亡率が突出して上昇している」他は、少なくとも、40歳以下などは、ほとんど平年と変わりません。

ただ、スペインも長くロックダウンを行っていますので、むしろ、ロックダウンの影響(太陽光不足、運動不足、精神的ダメージ)による健康への被害は、むしろ、これから出てくると思います。

この「ロックダウンによる健康被害」については、今回の記事の最後に記載していますが、最近、アメリカの500人の医師が連名で、「ロックダウンによるアメリカ人たちの健康被害がすさまじすぎるので、早急に停止してほしい」という嘆願書をトランプ大統領に送付したということがありました。

Next: 新型コロナウイルスで亡くなったほとんどが、特別養護老人ホームを含む――

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー