fbpx

米国「抗議デモ」は内戦の序章か。警察が踏み込めない自治区チャズの誕生と彼らの要求=In Deep

ウェブボット「扇動する女性」の予測

ところで、最近の私のサイト「In Deep」では、アメリカの予測プロジェクトであるウェブボットの2009年から2010年頃の予測について、ご紹介することがあります。

その理由は「今起きていることと、多くがとても似ている」からですが、そのウェブボットの2009年4月に配信されたものから抜粋して、今回は締めさせていただこうと思います。

「扇動する女性」が登場するくだりです。

2009年4月11日のウェブボットより

・夏から秋にかけて、ある女性の象徴的なキャラクターが出現する。彼女は内部告発者との関連で出現するキャラクターだ。さらにこの人物は、覚醒を目標とするスピリチュアリティーとの関連が深い人物でもある。

・彼女は身体の一部を「傷跡」のように形に塗っているか、または実際に「傷痕」があるのが特徴だ。

・この女性は、ある犠牲的な行い、ないしは「暴露」に向けて彼女の属するグループを扇動する役割を果たす人物だ。

・彼女は監禁されていた過去を持つ。この「監禁」というキーワードは、地方や国家の刑務所、そして精神病院、あるいはロシアなどと関係している。

・この女性は中国とアメリカで発生する社会不安や社会的な災難とも関係が深い。

・この人物は次の段階の世界経済の危機が始まるちょうど1週間前に姿を表す。なぜ彼女の出現が重要なのかというと、彼女は次の全世界的な金融崩壊が発生する少し前から影響力をもつようになるからである。

・彼女の存在が公になるとほぼ同じ時期に、渡り鳥の災難や、トウモロコシや米作の問題、さらには、新たな金融危機が発生する。それは、夏の終わりから秋にかけての時期に起こる。

ここまでです。

そういえば、6月13日には、米テネシー州のナッシュビルにおいても、「チャズのような自治区の設立を目指す行動」が始まったことが報じられています。

なお、現在のアメリカは、ロックダウン以降、「都市部から地方へと移住を考える人の数が飛躍的に増えている」ことが、最近の世論調査で判明しています。その調査によれば、何と「都市に住むうちの40%が都市部からの撤退を考えている」と答えたのだそうです。

こういうシアトルやナッシュビルで起きているような動きと、都市部からの撤退が加速していく中で、このような「自治的」な動きのアメリカ全土への拡大や、あるいは「中央政府と分離した生活」が加速していくのかもしれません。

そして、それは、今回のパンデミックやロックダウンの影響を大きく受けたあらゆる国や地域に言えることなのかもしれません。

有料メルマガ好評配信中。初月無料です

※本記事はブログ『In Deep』2020年6月13日配信記事の一部抜粋です。有料メルマガ『In Deep メルマガ』ではブログでは公開できない極秘ネタも配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 6月配信済みバックナンバー>

※2020年6月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年6月配信分
  • 武漢ウイルス研究所が「エボラウイルスの機能獲得研究」と関係している事実を確認。新たなパンデミックの可能性が?(6/19)
  • 日本まるごと自死させたいのでないのなら、せめてソーシャルディスタンスだけはやめてくれないだろうか(6/12)
  • 革命前夜の(6/5)

いますぐ初月無料購読!

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込550円)。

2020年5月配信分
  • マスクは健康に深刻なリスクをもたらす。場合によっては次々と人を殺してしまう(5/29)
  • 経済と銀行はどこまで破綻するか? そして韓国にも大地震の危機が迫っている(5/22)
  • 子どもたちをハイターによる肺疾患から守る良い方法はないものかと悩み…。それでも今は「宇宙は意識を持つ」と考えようと(5/15)
  • In Deep 号外の・ようなもの(5/11)
  • 2036年のタイムトラベラーが語る「世界線」とモンタニエ博士が突き止めた「人間の量子性」から見る今の世界(5/8)
  • 緊急事態宣言パニックから続く可能性のある「預金封鎖」対策と、社会崩壊下のサバイバルツール(5/1)

2020年5月のバックナンバーを購入する

2020年4月配信分
  • 新型コロナの致死率は0.05%。なのに私たちは国家と保健当局に殺された。しかしそれでも、なお未来を見ていかないと(4/24)
  • 新型コロナは「特定の民族グループを標的とする遺伝的攻撃用の生物兵器」が流出したものである可能性が浮上(4/17)
  • [In Deepメルマガ] 号外というよりお詫び(4/16)
  • 西洋的衛生観念が崩壊した中、「救世主」としての意味のコロナウイルスを考える(4/10)
  • [In Deepメルマガ 号外] いくつかの対応について(4/7)
  • 新型コロナウイルスがアメリカ軍から武漢にもたらされた資料がさらに次々と(4/3)

2020年4月のバックナンバーを購入する

2020年3月配信分
  • [ In Deep メルマガ 号外] 緑茶の効用(3/30)
  • ウイルスが勝利した後に出現する複合災害下の社会の姿(3/27)
  • (追記と訂正版)パンドラの箱を開けたのはウイルスではなく人間。そして今後の世界の生き方(3/21)
  • パンドラの箱を開けたのはウイルスではなく人間。そして今後の世界の生き方(3/20)
  • 新型コロナウイルスは中国が発生源ではなく「アメリカから流出」したという説がゲノム解析から説得性を増加させている(3/13)
  • 新型コロナウイルスは実は「若いほど感染しやすく、高齢者はあまり感染しない」ことが判明。そして、社会はいよいよカオスの局面に(3/6)

2020年3月のバックナンバーを購入する

2020年2月配信分
  • 世界恐慌2020(2/28)
  • 新型ウイルスのおかげで考え得る「記憶と感情と健康」の関係。そして、伝統医療の力(2/21)
  • 《バイオフィールド》 免疫も上げるかもしれない人間のエネルギー領域と、528Hzを含む音叉の科学(2/14)
  • キーワード「武漢」から知った「パンドラ計画」は今も続いているか(2/7)
  • [In Deep メルマガ 号外] 新型ウイルスは完全な機能を持つ生物兵器(2/1)

2020年2月のバックナンバーを購入する

2020年1月配信分
  • はじめてのパンデミック:感染症への免疫を獲得する方法と、そして重症化しないための方法(1/31)
  • サバイバルのための周波数。「528Hzと人体の関係」についての最新情報(1/24)
  • 腸内細菌を含む体内微生物が「人間を根本から支配している」ことを示す驚くべき様々な事例(1/17)
  • 自死とか破壊とかの渦中にいた人間たちが神性とか共生とかの世界に入ろうとしているときに(1/10)
  • 2020年から私たちが獲得するべき「理想」と「幸せ」の方向(1/3)
  • [In Deep 号外]みなさま、あけましておめでとうございます(1/1)

2020年1月のバックナンバーを購入する

【関連】イギリス都市封鎖で新型コロナ「以外の原因」の死者が急増?この悪夢は世界に波及する=In Deep

【関連】コロナ騒動前に米国トップ企業CEOは逃亡成功? 1月だけで219人が辞任していた=In Deep

【関連】天才投資家ジム・ロジャーズが警告「成功したいなら誰の言うことも聞いてはならない」=俣野成敏

image by:VDB Photos / Shutterstock.com
1 2 3 4

In Deep』(2020年6月13日配信記事)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

In Deep メルマガ

[月額550円(税込) 毎週金曜日予定]
この世界に関しての真実、そして私たちが本当に知るべきと思われる智恵や情報を発信させていただければと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー