fbpx

安倍総理が気づかない、世界を根底から覆す「トランプ政権の闇」=岩崎博充

「リーダーをやりたくない」トランプ米国は、どんなリーダーになるか?

トランプ大統領の誕生は、どちらにしても世界中の秩序を危機にさらす可能性がある。

保護貿易が蔓延し、環境保護も進まない。そんな状況では、米国にも平和は訪れない。トランプがこのままこれまで主張してきた政策を実現させたとしても、結局は世界のリーダーとしての地位を復活させなければならないだろう。

前回の大統領選でも、やはりオバマは「世界のリーダーにはなれない」と宣言したことがある。「Gゼロの時代」とも言われた。しかし、リーダー不在の時代はそう簡単には継続できない

Gゼロという言葉は、政治学者のイアン・ブレマーが2011年に指摘した言葉だが、リーマンショックISの拡大などを見てもわかるように、近年G7(先進7か国首脳会議)が指導力を失い、G20(20か国首脳会議)も機能しない時代を迎えていた。

本来なら、米国がリーダーとならなければいけなかった時期に、オバマ政権は民主主義を守るという理想にこだわるあまり、経済的にも、軍事バランスの面でも、常に腰が引けている状態だった。

トランプの登場によって、世界はどう変化するのか。いま。世界がかたずをのんで見守っている状態だ。
続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は、『岩崎博充の「財政破綻時代の資産防衛法」』2016年12月16日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】師走にドル円・株式が下落した「2015年末相場」の再現はあるか?=近藤雅世

【関連】ロックフェラーに喧嘩を売るトランプ。2017年のパワーバランスはこう変わる=斎藤満

【関連】海外カジノ業者と国内パチンコ大手のタッグに「毟りとられる」日本人=施光恒

1 2 3 4

岩崎博充の「財政破綻時代の資産防衛法」』(2016年12月16日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

岩崎博充の「財政破綻時代の資産防衛法」

[月額880円(税込) 不定期
財政赤字1054兆円の日本に暮らす国民にとって、自分の資産をどう守ればいいのか。コラムや単行本で書けなかった幅広い分野(メディア、業界、政府対応など)に視野に広げ、ニュースや統計の分析などを通して、役立つ情報を提供する。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい