fbpx

手術も可能に? VRはブロックチェーンとの融合で遠隔医療の高度化が進む理由=高島康司

今回は、バーチャルリアリティー(VR)とブロックチェーンの融合である。AIやブロックチェーンとならびVRも、いま急速に発展している第4次産業革命の重要な分野のひとつである。今回は、VRとブロックチェーンを結合させたプロジェクトの概要を紹介する。(『ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン』高島康司)

※本記事は有料メルマガ『ヤスの第四次産業革命とブロックチェーン』2019年1月22日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

バーチャルリアリティーとブロックチェーンの融合

VRの発展

VRは決して新しいテクノロジーではない。すでに1990年代の後半からパソコンの画面で見ることのできるVRのサイトは多数存在した。それらは、中に入って展示物を鑑賞することのできるバーチャルな美術館や博物館、中に入ることのできるバーチャルな一戸建てやマンション、また多くの人々と出会えるバーチャルな広場などであった。VRを適用したリアルな体験ができるあらゆるサイトが存在した。

なかでもパソコンでアクセスするVRのもっとも完成度の高いサイトのひとつが、「リンデンラボ」が提供する「セカンドライフ」である。「セカンドライフ」はさまざまな世界を持つ巨大な都市空間だ。人々はバーチャルな身体であるアバターを通して都市のなかに入るが、そこにはスタジアムやショッピングモール、映画館や美術館、オフィスやマンション、また一戸建てなど、現実世界に存在するあらゆる施設や場所がある。

そうした「セカンドライフ」でもっとも特徴的なことは、バーチャルな都市のなかで不動産の権利を購入して開発し、売り出すことができたり、またショッピングモールで陳列された商品を見て実際に購入することができたりと、実際の社会と同じような商取引ができたことである。これが、1990年代の後半から始まった前世代のVRの到達点であった。

その後、2010年代からインターネットの通信速度が飛躍的に上昇し、膨大なデータのダウンロードが短時間でできるようになると、さらにリアルなVRが開発されるようになる。それは、専用のゴーグルを装着し、現実世界と変わらない360度の3D体験を可能にするデバイスの出現である。

それを使うことで、リアルな体験ができるゲームや映画、そしてスポーツなどのエンターテインメントだけではなく、遠隔治療や遠隔手術などの医療、科学のモデルを視覚的に再現できる教育、建物が建つ前に内外から建造物を確認できる建築、商品を手にとって見ることのできるショッピングモール、3Dの身体で出会える新しい形態のSNSなど、実に多くのVRの適用例が見られるようになった。

Next: VRがブロックチェーンと融合するとどのようなことができるのか?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい