fbpx

日経平均は急反発、361円高も底入りと考えるのは早計?米中首脳が会うだけで喜ぶな(6/19)=橋本明男

米中摩擦の懸念後退できょうの日経平均終値は361円高の2万1,333円。これだけ急騰すると底が入ってこのまま上がるように見えますが、そう考えるのは早計です。(『相場コラム『わしの罫線』』橋本明男)

きょうの日経平均は反発、前日比361円高の2万1,333円

東京市場は「買い」一色

なんということか、昨日の大引けを見て、もう私はてっきり下げが始まったと思いました。

しかし、ドラギ総裁の金融緩和発言に続き、米大統領がG20で習国家主席と会談すると発言したことを受け、ニューヨーク市場が急騰。それを受けて今日の東京市場、買い一色となりました。

日経平均は、361円高の2万1,333円。
トピックスは、26.6ポイント高の1,555.27ポイント。
出来高は、概算11億2千万株
で終わりました。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

いかにも底入れに見えるが?

これだけ急騰を見せられますと、いかにも底が入ってこのまま上がって行きそうに見えてしまいます。

しかし、チャートは何ら変わりありません。先週金曜日の当メルマガで解説済みのことです。

今日のザラ場高値は2万1,358円までですから、まだ上限にも届いておりません

Next: トランプと習近平が会うだけで喜んでいいのか?FOMCに注目集まる

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい