fbpx

韓国存亡の危機。日米中ロ北の四面楚歌状態で韓国経済の息の根が止まる=斎藤満

米国を取るか中国を取るか

さらに韓国は、米国に支援を求めた際、トランプ政権から「踏み絵」をさせられています。

つまり、韓国は最後には中国をとるのか、米国をとるのか、の姿勢を問われています。

現に、米国にすがりに行く前には、中国にすり寄っていました。しかし、韓国を信用しない中国が色よい返事を見せなかったことから、今度は米国に頼ったわけです。

米国は中国と「新冷戦」を展開しようとしています。習近平国家主席とは、個人的に「友人」であっても、冷戦を戦う国であり、韓国はその中国の同盟国になりたいのか、米国の同盟国に留まるのか、態度をはっきり示せ、と迫ったことになります。

できれば両方とうまく付き合いたい韓国には、苦しい選択となります。

北朝鮮主導の統一も

そして最後のよりどころと見る北朝鮮が韓国の文大統領を裏切るリスクがあります。

このところの北による短距離ミサイルの発射実験は、明らかに韓国への牽制と見られます。北は米国の支援を得て、北朝鮮主導の「新コリア」建設を考えている模様で、在韓米軍、並びにその家族は38度線から離れ、ソウルよりも南に移動しています。

さらに在韓米軍が引き揚げた後に、北が南進し、半島を統一する可能性があります。

韓国(南朝鮮)は消滅することになり、その場合は韓国からの移民難民が日本に押し寄せる可能性も出てきます。福岡や新大久保だけでは受け入れしきれません。

韓国は存亡の危機にあることを認識すれば、日本にケンカを売っている場合ではありません。日本も火遊びを続ければやけどを負います。

Next: 北朝鮮・中国・ロシアが狙っている?日韓共倒れは避けよ

1 2 3 4

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい