fbpx

韓国存亡の危機。日米中ロ北の四面楚歌状態で韓国経済の息の根が止まる=斎藤満

日韓共倒れは避けよ

日本からすれば韓国の「非礼」連発に堪忍袋の緒が切れたのでしょうが、かつて日本に侵略されたとの怨念が強い韓国には、これまでの非礼を顧みる余地はますますなくなり、再び日本に侵略されるな、悪いのは日本の侵略主義だと反日感情を高め、国がまとまりつつあります。

その間に、日韓には北朝鮮・中国・ロシアがチャンスとばかりに両国を攻め込んでいます

日本も東シナ海、北方領土が中ロに脅かされつつあります。外交交渉が通じないと、韓国の非礼を安全保障問題にすり替えたために、GSOMIAの延長がなされない可能性が出てきました。

そうなると東アジア地域の安全保障がにわかに脅かされ、日韓が共倒れするリスクが出てきます。歴史認識問題を抱える両国に、理性・道理での解決は容易でありません。

米国の作家、ジョシュ・ビリングスは「許すことほど完璧な復讐はない」と言っています。日本は落としどころを見つけつつ、大人の対応が必要と思われます。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】経財白書まで忖度。非正規雇用の増加、日本的経営の破壊は安倍政権の功績なのか?=斎藤満

【関連】宮迫・田村亮会見から見えた吉本興業の深い闇。2009年の上場廃止から怪しかった=今市太郎

<初月無料購読ですぐ読める! 8月配信済みバックナンバー>

※2019年8月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年8月配信分
  • 韓国存亡の危機(8/5)
  • FRBの支配権をめぐる争い(8/2)

いますぐ初月無料購読!

image by:Liv Oeian / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『マンさんの経済あらかると』2019年8月5日の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】N国党の躍進は、平均年収“民間の3倍”の銭ゲバNHKに国民が激怒した証拠=鈴木傾城

【関連】しまむら、客離れ加速で業績悪化。ユニクロを目指して主婦に嫌われる大失策=栫井駿介

【関連】Googleも米軍に情報提供?国防総省とシリコンバレーが人々に知られたくない本当の姿=カレイドスコープ

1 2 3 4

マンさんの経済あらかると』(2019年8月5日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

マンさんの経済あらかると

[月額880円(税込) 毎週月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい