fbpx

非正規の彼氏は年収250万円…結婚しても大丈夫か不安な30代女性からの相談=山本昌義

30代前半の独身女性から非正規で年収も低い彼氏との結婚についてご相談いただきました。そこで今回は、収入に関する少し現実的な考え方をお伝えします。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

結婚後の生活に必要な「最低世帯年収」とは?

非正規雇用の彼氏との結婚について悩む30代前半女性

今回は30代前半の独身女性から、結婚についてお話を頂きました。

「彼氏は非正規で年収も低い。結婚しても大丈夫でしょうか?」

先週の記事を読んで気になったそうです。当人は正社員で年収350万円程度、彼氏は250万円程度とのこと。年収とともに将来性も気になる様子。

女性としては、当然の悩み・不安でしょうね。彼氏を信じる一方、現実も知っておきましょう。今回は、非正規雇用の彼氏との結婚について少し現実的な考え方をお伝えします。

さて、まずは基本ですが『世帯年収600万円はギリギリ足りる水準』これを知ることが第一歩でしょうか。ギリギリとは、具体的には以下の条件の元で生活する場合です。

・子供は一人だけ
・極力、節約を徹底する
・80歳くらいまで共働きする

あなたの望む夫婦生活はどうでしょう?

複数の子供が欲しい、相応に普通に暮らしたい定年以降はあまり働きたくないのであれば残念ですが、年収不足なことが多いです。逆に、上記を受け入れられるなら結婚しても何とかなることも多く年収を上げた分だけ余裕も持てます。

あとは非正規ゆえの雇用・収入不安がありますが非正規だからこそ「同条件で次を見つけやすい」とも。最近では大手の正社員でもクビになりますがこの場合は一気に家計が狂いますからそう考えれば少しはメリットとも感じられるかと。

ひとまず、上記の基準を元に結婚するかどうかを考えましょう。

さて、合わせて大切なことなのですが「余裕も大切。以後は年収アップに励む」これも意識していきたいところです。

すでに触れた通り、世帯年収600万円あれば努力次第で何とかなる可能性が高いものの余裕が乏しいので、些細なことで家計が狂います。

しかし、今のふたりの年収が続くようであれば、相応の余裕は中々作れないのが現実でしょうね。このため、年収アップも大切といえます。

手っ取り早いのは、やはり「転職」でしょう。彼氏さんは当然に、あなたも検討が必要です。むしろあなたの方が、可能性が高いかもしれません。

すぐの転職が厳しいなら、いつかできるよう努力を重ねていくことが必要といえます。あるいは「副業」もアリかもしれません。

いずれにしても、非正規なら尚更ですが正社員でも今は、ただ働いても年収は上がりません。「ただ働く以上のこと」をする必要があります。

どこまで努力できるかは個人差がありますが、少なくとも努力や年収アップは無駄になりません。できたほどに、豊かに暮らせることになります。

そして、そんな努力をふたりでするつもりであるなら今の彼氏と結婚しても、きっと幸せになれるかと。このような観点で、改めて結婚を考えてみましょう。

最後にちょこっと…。

非正規雇用の彼氏と結婚しても大丈夫か…?最近では男女逆でも悩むところですね。ひとまず、世帯年収600万円あれば一定の努力をすれば何とかなります!

一方、年収アップの努力も大切です。それぞれの努力を二人でできそうか否かで改めて結婚を考えましょう。

image by:milatas / Shutterstock.com

【関連】10月からの消費税10%は経済に悪影響、軽減税率は言葉の印象操作にすぎない=柴山政行

【関連】30代後半の看護師女性が悩む、自分より年収の低い相手との結婚を視野に入れるべきか?=山本昌義

【関連】1,000万円を3万倍に…ZOZO前澤前社長の事業家だけでなく、投資家としてもすばらしい強運=街

婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』(2019年10月4日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~

[無料 週刊]
婚活中の方、ご成婚された方 こんにちは。婚活FP山本と申します。 昨今は空前の婚活ブーム! …引いては婚活が厳しい時代です。 ご結婚に至っても、3組に1組は離婚する時代。 大変な時代ですね。 ここでは、私が実際にお受けした相談内容を元に 男女の心理差や経済的な側面を主として なぜダメなのか?どうすれば良かったか?を分析し 実例として、皆様にお届けさせて頂きます。 なお、私は「現実的な結婚」を支援しています。 そして、実例は男女の本音が登場します。 このため、皆様の夢を打ち砕く内容も多いかと思いますが ご容赦の上でお読み頂き、ご活用下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい