fbpx

「パナマ文書」の目的と国内マスコミが報じない国際金融の闇=吉田繁治

パナマ文書公開の背景に、税収が伸びない米国の台所事情?

パナマ文書の公表は、GDPの増加があっても、その割に税収が伸びないことも背景にあるのでしょう。米政府が主導して公開したという傍証にもなります。
(注)前述のように、わが国の菅官房長官は、手回しよく、あえてなぜか「調査しない」と言っています。有力な自民党政治家の名前があるのかもしれません

タックス・ヘイブンも、文書が電子化されていることから、暗号を解くハッカーによる流出が起こりやすくなっています。このためスイスのプライベートバンクには、手書きと、パスワードではない自筆サインを守っているところがあります。アーカイブの文書が盗まれれば、All(オール)になるインターネットなどはとんでもないという考えです。

電子化・インターネット化したことで情報の一括入手が可能になって、非合法な金融の季節は終わったのかもしれません。

ある広域暴力団は、スイスに巨大な隠し預金をもつとも言われます。何らかの手段で現金を国外に持ち出し、個人信用で、非合法な資金も預かる銀行から送金する方法でしょう。国内の銀行は、外銀であっても報告義務があるからです。

GDPとして把握されていないアングラ経済が30%を占めるともいうユーロのラテン(南欧)ではどうか?浮かび上がるのは、13世紀の過去からベネチア(デル・バンコの一族)かもしれません。公式文書にはありませんが、デル・バンコは、BIS(国際決済銀行)への最大と言われる出資者です。

役員会の議事録が存在しないBIS

なおBISは驚くべきことに、マフィアの伝統をひくのか役員会の議事録がない組織です。黒田日銀総裁も、どんな実質的地位かわかりませんが、役員の1人です。政府との会議で「BISでは、満期保有する国債でも、リスク資産とする検討が進んでいる。そうなると日銀が国債を買い進めることが難しくなる」と発言しています。これはユーロ圏で南欧債が下落したことを受けた検討です。

【関連】貧乏な家の子どもがお金持ちになれない本当の理由と「思考格差」の正体=午堂登紀雄

【関連】官僚だけが大儲け。日本を破壊する「水道民営化」のトリックに騙されるな=田中優

【関連】副業サラリーマンの税金対策。「節税と脱税の違い」を僕達はまだ知らない=俣野成敏

1 2 3 4 5 6

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで』(2016年4月20日号)より一部抜粋、再構成
※記事タイトル、本文見出し、太字はマネーボイス編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで

[月額660円(税込) 毎週水曜日]
●最新かつ普遍的なビジネスの成功原理と経済・金融を、基礎から分かりやすく説いて提供 ●時間がない、原理と方法の本質を知りたい、最新の知識・原理・技術・戦略を得たいという方に ●経営戦略・経済・金融・IT・SCM・小売・流通・物流を、基礎から専門的なレベルまで幅広くカバー ■新規申込では、最初の1ヶ月間が無料です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー