fbpx

アマゾン株の割安・割高論争に決着? 成長企業への投資はココを見ろ=東条雅彦

現在のAmazonの株価は割安でも割高でもない

Amazonの成長率は驚異的です。売上高と営業キャッシュフローは過去9年間において、年率換算でそれぞれ27.91%、31.43%のペースで成長しています。

170620tojomasahiko_t5

「Price/Cash Flow」は27.9倍ですが、もし今の勢いが衰えないと仮定するのなら、今の株価は割安でも割高でもありません。現在、Amazon株を長期保有するために買い集めている人は、年間の予想成長率を30%前後で推測しているものと思われます。

過去3年、過去5年の平均成長率を見ても、一般的な企業よりも遥かに高い値を示しています。

<Amazon 売上高、営業CF 過去5年の平均成長率 (単位:百万ドル)>

170620tojomasahiko_9

もちろん、将来にわたってこのような高い成長力を維持できるかどうか保証は一切、ありません。ここが成長株に投資する難しさだと言えます。

さて、次回はそもそも成長期にいる企業の場合、「PERの代わりに『Price/Cash Flow』を使っても、本当に問題がないのか?」について検証していきます。さらに、バフェットはAmazonを購入しなかったことを後悔していた件についても、考察を進めていきます。

最近のバフェットやマンガーは、謎の発言が多すぎます。何だか、時代が大きく変わろうとしているような気がしてなりません。

その謎の鍵を握るのは「グロース投資とIT企業への理解」だと私は思っています。次回のメルマガ(6月25日号)に続きます。

【関連】バフェットの心変わり。なぜ賢人はIT企業への投資を決断したのか?=東条雅彦

【関連】バフェットの遺言。億万長者を生む「インデックス投資」の秘密とは?=東条雅彦

【関連】賢人バフェットはなぜ「10年前のアマゾン株」を買えなかったのか?=栫井駿介

1 2 3 4 5

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』(2017年6月18日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~

[無料 週刊]
■電子書籍『バフェット流投資入門(全292頁)』をメルマガ読者全員に無料プレゼント中♪世界一の投資家ウォーレン・バフェットの投資哲学、人生論、さらに経済や会計の知識が、このメルマガ一本で「あっ」と驚くほど簡単に習得できます!!著者はバフェット投資法を実践して、6000万円の資産を築き、さらにヒッソリと殖やし続けています。(ブログよりも濃い内容でお届け☆彡)●バフェットの投資法を小学生でもわかる例え話で学べます。●複利マジックで経済的自由の達成を目指します。●日本経済の現状から取るべき投資戦略がわかります。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー