fbpx

ドル円以上「ニトリ」の魅力~円高でも円安でも儲かる企業に投資する=八木翼

ニトリの何が素晴らしいのか?

ニトリの分析は今年の7月にもすでにしていますが、出店と共に、しっかりと利益を出しているのです。

【1.安定したROE・EPS成長率】

ニトリのEPSは非常に安定しています。

決算年  EPS(円/株)
2017  927.62
2016  850.2
2015  752.28
2014  700.54
2013  651.67
2012  611.2
2011  548.2
2010  416.8
2009  321.3
2008  271.1

年平均EPS成長率:13.1%

出店に伴い、EPSを上昇させており、これは既存店がしっかりと利益を叩き出しているからです。安定したROEが安定したEPSの上昇につながっており、いい循環を生み出しています。

【2.利益率の維持】

通常の大企業ですと、ある程度利益が出てくると、市場がなくなってしまい、利益率の低い事業に手を出して失敗するケースも散見されますが、ニトリは、家具事業から出ようとしません。その点も素晴らしい安定感につながっています。

【3.IKEA以外、ライバルがいない】

最近でこそ、IKEAがライバルと言われるようになりましたが、国内としては、家具のチェーン店でライバルと言えるような企業はありません。この点は利益率に大きく影響していると思います。家具界のUNIQLOは、ライバルが少ない分、UNIQLOよりも稼ぎやすいのです。さらに、市場は国内がメインで材料は輸入ですので、本来であれば、円安は逆風です。株価は停滞気味ですので、今参入するのは悪くないかもしれません。


※『バフェットの眼(有料版)』では、読者からのリクエストも踏まえ、毎号さまざまな企業を詳しく分析しています。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】「酎ハイに消毒用アルコール」でも底堅い鳥貴族の株は買いなのか?=八木翼

【関連】コメダ珈琲いよいよ上場。サンマルクカフェとの比較で見えた強みと課題=八木翼

【関連】トランプ相場の牽引役「三菱UFJ」はなぜ買われたか。売り時はいつ?=栫井駿介

1 2 3

バフェットの眼(有料版)』2016年11月22日号より抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

バフェットの眼(有料版)

[月額864円(税込) 毎週月曜日]
世界一の投資家、ウォーレンバフェットの投資方法を参考に、日本の会社を分析するメルマガです。「株をやったけど全然うまくいかなった。」「デイトレードなんてやってる時間ないよ…。」という方にぴったりのメルマガです。私自身が実験台となり、本格的な長期投資を行っています。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい