fbpx

日本株が世界で最も有望? ファンドの見方と日本経済を左右する3つの外部要因=山崎和邦

外部要因その3:新興国の債務過剰

これについて最大のリスクは何といっても中国経済の失速である。

FRBが昨年から利上げを本格化させ、ドル資金が米国に戻ってくると新興国での通貨安に結び付いた。ただし金融危機さえ起こらなければ、新興国の経済規模は小さいから世界の実体経済に与える影響はさして大きくはない。

ところが、中国経済が失速すると影響は大きい。世界で2番目の巨体だからだ。現在の中国は巨額の債務を抱えている。その他にシャドーバンキングと称する金融商品(資産運用業務)の残高が約2000兆円(120兆元)あるとされる。これは中国のGDPに対して巨額である。

こういう環境の中で米国の対中制裁が強硬になればなるほど、中国の債務依存体質は強まる。米中貿易摩擦が中国の債務超過問題に火をつける可能性がある。

米中の全面貿易戦争が来年以降も続くとすると中国経済が危機的な状況に陥ることも否定し難く、株価はそれの警鐘シグナルとして先行して動く。昨今の上海株の動きはその一端であろう。

今ここに簡単に列挙した3つの問題、これを乗り越えていかなくては日本株の中長期の株高はあり得ない。

続きはご購読ください。初月無料です<残約15,000文字+図版17枚>

当面の市況:過去を振り返り現象を見て考える

先々週までの大幅安の主因は「ロングショート戦略のヘッジファンド」の売りか

KYBすなわち萱場工業について

原油高と円安

近付く米国中間選挙

「ドル危機が2年以内に来る」ヘッジファンドの帝王ことレイ・ダリオ氏の予言

「グローバル・システミック・リスク」「世界のカオス化」を予言する欧州の知の巨人

米中貿易戦争とその後の中国

ウォーレン・バフェット氏の提言

退職世代の金融資産運用

平成ITデフレ

我が国の個人所得課税は他国に比べて低い

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

<初月無料購読ですぐ読める! 10月配信済みバックナンバー>

※2018年10月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2018年10月配信分
  • 米は大型減税で好景気、株高、但し財政赤字は1兆ドル超(10/21)
  • 景気のピークアウトに対する警鐘シグナル(10/14)
  • 「官製相場」の儲けにくさ(10/7)

いますぐ初月無料購読!

image by:Songquan Deng / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」*相場を読み解く』2018年10月21日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】日本の教育に勝ち目なし。なぜアメリカは天才を量産して世界覇権を握り続けるのか?=午堂登紀雄

【関連】日本円での貯金はもはや自殺行為。必ず来るインフレが「老人の国」日本を殺す=鈴木傾城

【関連】日本の地価崩壊はもう始まっている。東京五輪が「経済災害」になる日

1 2 3

山崎和邦 週報「投機の流儀(罫線・資料付)」』(2018年10月21日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」

[月額3,000円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
大人気メルマガ『山崎和邦 週報「投機の流儀」』のHTMLデラックス版をお届けします。テキストメルマガではできなかったチャートや図解を用いた解説も掲載。より読みやすく、理解しやすく進化しました。投資歴55年を超える現役投資家だからこそ言える経験に裏打ちされた言葉は投資のヒントが盛りだくさん。ぜひご購読ください。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい