fbpx

MTGから学ぶヤバい会社の見分け方…新規上場企業は特に注意が必要である理由とは?=栫井駿介

大切なのはビジネスモデルの継続性

とは言え、私たちもいきなり数字を全部把握して投資するわけではありません。分析の根幹にあるのは「ビジネスモデル」です。

企業を見る時には、必ず「この会社は何で儲けているか」を把握します。すると、収益源は美容製品ブランドの「ReFa」および前出の「SIXPAD」だということがわかります。

特にSIXPADを見た時、私は昔流行ったものを思い出しました。そう、お腹につけてプルプル震える「アブトロニック」です。

確か私が中学生くらいの頃に流行った記憶があります。「本当にこんなので筋肉が付くのか?」と思ったものですが、案の定すぐにブームは去りました。

そのため私は主要商品がSIXPADだという時点で投資を検討しませんでした。ビジネスモデルとして継続性がないと考えたからです。

このような「流行り物」はやがてブームが去ると巨額の在庫だけが残り急速に経営危機が訪れます。MTGはまさにその典型なのです。

ブームに乗って一時的に株価は上昇するかもしれませんが、その株価で買うことは誰が最後にババを引くかというゲームにすぎません。少なくとも、長期投資の観点では望ましくないのです。

あなたもまずはヤバい会社を見分けられるようになり、大事なお金を守れるようになりましょう。


つばめ投資顧問は、本格的に長期投資に取り組みたいあなたに役立つ情報を発信しています。まずは無料メールマガジンにご登録ください。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

image by: Tong Nawarit / Shutterstock.com

【関連】メルカリ、70億円赤字で経営危機へ。メルペイ・米国進出の大失敗でヤフーに買われるか=栫井駿介

【関連】新会社の方針は1年後…ヤフーとLINEの合併会見から感じられなかった期待感=持田有紀子

【関連】元社長・前澤氏の株売却は予定の6割強に留まった…ZHDによるZOZO株買付の結果とは

1 2 3

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2019年11月20日号)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー