fbpx

まずは「日雇い労働」から…小学生から学ばせたいお金にまつわる知識=遠藤功二

【「日雇い労働型」を教える意義】

家の中の仕事に対し、子供にお小遣いをあげる「日雇い労働型」のお小遣い教育は、金融リテラシーが高い方々にいかにも非難されそうです。

「働きアリになってはいけない。ビジネスは所有するものだ」。

ロバートキヨサキのファンの方はこうおっしゃるでしょう。私も承知しています。この日雇い労働的なお小遣い教育は、もちろんお子供に伝えるお小遣い教育の初歩の初歩です。

「親を助けることで、お金がもらえた」という体験をすることで、人を助けることが仕事の原理原則だということを、最初にお金を触る年齢から教えたいというのが、私の考え方です。それを知らなければ、ビジネスを所有し、人を雇うことなんてできないでし
ょう。労働者の気持ちを理解できない経営者にはなって欲しくありません。

ましてや「お金はママのお財布に入っているもの」「お金は欲しい時に親がくれるもの」という解釈のまま育ってしまっては困ります。

自分のお菓子やゲームをするためのお金くらい、自分で稼いでみよう、というのが、私の考えです。

そして、子供たちが、お仕事を習慣化できるようになってきたら月給制にして良いでしょう。そこで、仕事には、信頼が重要だということが学べます。

日雇い時代は、お給料は後払い。でも、正社員は「信頼」を盾に固定給が約束されている。この違いを、子供のうちに感じてもらいたいと思っています。

言われたことをきっちりできるようになったら、家の中で、仕事を作り出す家庭内起業をやって見るのも面白いでしょう。親の期待値を超える仕事にチャレンジしてみるということです。また、実際にフリーマーケットやお祭りに出店することによってお金を稼ぐ体験をするのも有意義です。

日本の学校でほとんどお金のことを学べません。テストの点数ばかりを気にしていて、顧客の期待値を超えるサービスを発想する力が身につくのでしょうか。テストは100点が最高ですが、顧客の期待値は無限大です。学校では、100点をとる教育までしかやってくれません。

社会に出てから必要な、期待値を超える価値を生み出す教育は、学校外で育むしかありません。私は、社会に出て、100点を取るだけでは十分ではないことに気づきました。むしろ、100点でなくて良いから、相手の助けになることをすることが、仕事であると学びました。

社会に出る前の予習を、お小遣い制を通して、子供たちに伝えていきたいものです。

(※注)情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。また、当該情報は執筆時点での取材及び調査に基づいております。配信時点と状況が変化している可能性があります。

【関連】選んで楽しい、届いて嬉しい、会社オリジナルのカタログギフト5選【株主優待到着レポ】

【関連】好決算でも、株価が下がるのはなぜ?「織り込み済み」とはどういうことなのか

【関連】親子上場はどう解消される?前田建設工業のTOBに前田道路は自社株取得で対抗

image by : Ollyy / Shutterstock.com

1 2

億の近道』(2020年1月29日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

億の近道

[無料 週3~4回]
個人投資家の方にも機関投資家並み、若しくはそれ以上の情報提供をするのが目的です。株式で「億」の資産形成を目指しましょう!我々マーケットのプロが導きます。各種コラムが大好評!内容に自信アリ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー