fbpx

マイホーム購入とアパート投資、本当にハイリスクなのはどちらか?=姫野秀喜

私のところに相談に来られる方に、リスクが怖いから不動産投資ができないと思っている人は多いです。しかし、そういう方の自宅は立派な持ち家だったりします。年収の10倍程度のマンションや一戸建てなど様々ですが、概してアパート1棟よりも高いです。不思議なことに多くの人は、自宅についてはリスクをそれほど感じないみたいなのです。(『1億円大家さん姫ちゃん☆不動産ノウハウ』姫野秀喜)

プロフィール:姫野秀喜(ひめの ひでき)
姫屋不動産コンサルティング(株)代表。1978年生まれ、福岡市出身。九州大学経済学部卒。アクセンチュア(株)で売上3,000億円超え企業の会計・経営計画策定などコンサルティングに従事。合間の不動産投資で資産1億円を達成し独立。年間100件以上行う現地調査の情報と高い問題解決力で、顧客ごとに戦略策定から実行までを一貫してサポートしている。

投資用アパートよりも「自宅」のリスクが高くなる3つのケース

不動産投資にリスクはつきもの

不動産投資にリスクはつきものです。特に築古物件であれば、建物が壊れる心配や、古くて入居者がつかなくなる心配など様々なリスクが存在します。たとえ新築物件だったとしても、それらのリスクがゼロになることはありません

私のところに相談に来られる方にも、リスクが怖いから不動産投資ができないと思っている人は多いです。本人がリスクを恐れている場合もあれば、両親、配偶者、彼女などの身近な人がリスクを恐れている場合もあります。

しかし、そういう方の自宅は立派な持ち家だったりします。年収の10倍程度のマンションや一戸建てなど様々ですが、概してアパート1棟よりも高いです。

不思議なことに多くの人は、自宅についてはリスクをそれほど感じないみたいなのです。不動産投資のリスクは恐れているのですが、アパート1棟よりも高い自宅については、そのリスクを全く恐れていないのです。

【関連】数十万円の「格安リゾートマンション」を絶対に買ってはいけない理由=姫野秀喜

自宅よりも「投資用アパート」の方がリスクは小さい

自宅とアパートだったら、私はアパートの方がリスクは小さいと思っています。その理由は3つです。

  1. 自宅はお金を生み出さないが、アパートは生み出す
  2. 自宅は買うときにリセールバリュー(再販価格)を検討しないが、アパートは考えて購入する
  3. 自宅は賃貸需要を無視して買うが、アパートは賃貸需要を考慮して買う

順に詳しく解説していきましょう。

Next: マイホーム購入が「ハイリスク投資」に化けてしまう理由とは?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい