fbpx

中国が危険な賭けに出る?米中対立激化がもたらす新興国危機と打つ手がない日本=近藤駿介

「基準が失われ始めた世界」と「打つ手のない日本」

FRBが利下げに動き、9月のFOMCでの利下げも確実視されていることもあり、多くの国が予防的利下げによって自国通貨高回避に動き出している。こうした動きは日本に逆風となって吹き付けることになりそうだ。

まずは、米国のみならず周辺国との金利差縮小によって「円調達+外貨運用」というキャリートレードの魅力が薄れることで円安圧力は弱まることが想像される。さらに、通貨切り下げ競争によって市場の混乱が起きればこれまでのキャリートレードの巻き戻しによる円高圧力が高まることになりかねない。

こうした事態を防ぐために日銀も予防的利下げ、金融緩和に動きたいところだが、無い袖は振れない状況にある日銀は動くに動けない

マスコミは「比較的安全な通貨である円が買われる展開」と繰り返しているが、実際には円高を防ぐ手立てを失った「調達通貨円」の借り手が円高による負債の増大を恐れて円の返済に動き出していると考えるべきだろう。

対中強硬派が主導権を握りつつあるトランプ政権がこれまでの基準を無視して中国を為替監視国に指定し、トランプ政権の圧力を受けてFRBが「金融政策は経済指標次第」というこれまでの基準を放棄しかねない状況に追い込まれ、中国が習近平体制を維持するために対外債務の拡大を招くリスクを顧みずに元安誘導に踏み切る…。ここにきて世界は明確な基準を失い始めたようだ。

「基準が失われ始めた世界」と「打つ手のない日本」。暫くは市場の混乱が続く可能性を考えておいた方がよさそうだ。

有料メルマガ好評配信中! 初月無料です

【関連】韓国ウォンの下落が止まらない。3度目の通貨危機目前で日本を巻き込む経済崩壊へ=今市太郎

<初月無料購読ですぐ読める! 8月配信済みバックナンバー>

※2019年8月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年8月配信分
  • 基準を失った世界と打つ手を失った日本(8/12)
  • 期待通りの結果が招いた期待しない結果 〜 懸念されるFRBの日銀化(8/5)

いますぐ初月無料購読!

image by:plavevski / Shutterstock.com

※有料メルマガ『元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』好評配信中!。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】高島屋、中国撤退の大誤算。なぜシンガポールでの大成功を活かせなかったのか=児島康孝

【関連】最低すぎる日本の最低賃金。過去20年の各国GDP推移で見えた日本「ひとり負け」の現実

1 2 3

元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚』(2019年8月12日号)より一部抜粋
※記事タイトル、本文見出し、太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

元ファンドマネージャー近藤駿介の現場感覚

[月額4,070円(税込) 毎週 月曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
時代と共に変化する金融・経済。そのスピードは年々増して来ており、過去の常識では太刀打ちできなくなって来ています。こうした時代を生き抜くためには、金融・経済がかつての理論通りに動くと決め付けるのではなく、固定概念にとらわれない思考の柔軟性が重要です。当メルマガは、20年以上資産運用、投融資業務を通して培った知識と経験に基づく「現場感覚」をお伝えすることで、新聞などのメディアからは得られない金融・経済の仕組や知識、変化に気付く感受性、論理的思考能力の重要性を認識して頂き、不確実性の時代を生き抜く一助になりたいと考えています。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー