fbpx

習近平に打つ手なし。じわじわと中国を死に追いやる解除不能の3つの爆弾=斎藤満

中国を「生かさず殺さず」冷戦を続けたい米国

中国は先進国はおろか、まだ中進国にも届かない段階で、過剰債務の壁にぶつかり、所得水準、生活水準の引き上げが難しくなっています。

それだけ、地方を中心に、国民の不満が高まりやすく、政府が国民無視の政策を強めれば、国民の反発、民主化機運を高め、政権を揺さぶります。

トランプ政権は習近平体制のもとで中国と「新冷戦」を進めようとしています。

従って、習近平体制を脅かすほどに中国を危機に追いやるわけにはいきません。トランプが進める金利引き下げ、ドル安は中国の巨大債務、とりわけドル建て債務の返済圧力を緩和する面があり、習近平主席への支援にもなります。

中国を「生かさず殺さず」冷戦を続けたいということのようです。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】韓国存亡の危機。日米中ロ北の四面楚歌状態で韓国経済の息の根が止まる=斎藤満

【関連】四面楚歌の韓国が持ち出す必殺技「福島第一原発の汚染水情報公開要請」で日本は窮地に=今市太郎

<初月無料購読ですぐ読める! 8月配信済みバックナンバー>

※2019年8月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年8月配信分
  • 長期金利の低下に狼狽する中央銀行(8/19)
  • 中国を危機に陥れる3つの爆弾(8/16)
  • 消費税より担税力に応じた税制を(8/14)
  • 長期金利低下が示唆する世界景気の弱さ(8/9)
  • FRBの利下げシナリオを変えたトランプの一撃(8/7)
  • 韓国存亡の危機(8/5)
  • FRBの支配権をめぐる争い(8/2)

いますぐ初月無料購読!

image by:Patricio-Murphy / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『マンさんの経済あらかると』2019年8月16日の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】経財白書まで忖度。非正規雇用の増加、日本的経営の破壊は安倍政権の功績なのか?=斎藤満

【関連】N国党の躍進は、平均年収“民間の3倍”の銭ゲバNHKに国民が激怒した証拠=鈴木傾城

【関連】しまむら、客離れ加速で業績悪化。ユニクロを目指して主婦に嫌われる大失策=栫井駿介

1 2 3 4

マンさんの経済あらかると』(2019年8月16日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

マンさんの経済あらかると

[月額880円(税込) 毎週月・水・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融・為替市場で40年近いエコノミスト経歴を持つ著者が、日々経済問題と取り組んでいる方々のために、ホットな話題を「あらかると」の形でとりあげます。新聞やTVが取り上げない裏話にもご期待ください。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー