fbpx

2019年秋のGDP低下で…ドイツ銀行が抱えるリスク、デリバティブ契約は銀行平均の8.3倍=吉田繁治

デリバティブ=債権の回収や将来収入に対する保険

危ない債権に対してはCDSやCDOとして、地震保険と同じ機能をもつデリバティブがかかっていてます。このため、借り手が返せない額に増えている銀行債権が、正常とみなされています

地震が起こらないときは、保険料が収入(利益)になるCDSやCDOの販売がもっとも多いのが、ドイツ銀行です。CDSやCDOをかけた債権に不良債権が増えるとドイツ銀行は、破産保険金の支払いができず破産します。

衣料の売り上げに所得保険がかかっている「天候デリバティブ」も、同じ仕組みです。数%の保険料を払って天候デリバティブを買っていれば、異常気象が原因になって衣料の売上が減ったとき、その減少分を補償されます。保険料は、異常気象が起こる確率で決まります。

地震保険でも広範囲の大地震が起こると、支払いができず、保険会社は破産します。このため、政府の再保険がかかっているのです。

BISが集計した、世界のデリバティブの総体

中央銀行の上の中銀行とされているBIS(国際決済銀行:スイス:バーゼル)が集計したデリバティブを、内容別に示します。

デリバティブは、金融機関の間の店頭の密室(Over The Counter)という意味で、契約されるものです。バランスシートには出ず、簿外の債権・債務です。

        相互契約額      現在の時価価値
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・通貨関連   $ 90兆(9900兆円)   $2.3兆(253兆円)
・金利関連   $436兆(4京7960兆円) $6.4兆(704兆円)
・株式関連   $6.4兆(704兆円)   $0.6兆(66兆円)
・コモディティ $1.8兆(198兆円)   $0.22兆(24兆円)
・CDS/CDO    $8.3兆(913兆円)   $0.19兆(21兆円)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 合計     $544兆(5京9840兆円) $9.6兆(1056兆円)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
出典:BIS

通貨、金利、株式のそれぞれに、先物、スワップ(交換)、買う権利・売る権利のオプション、その他の4種があります。

Next: 先物、スワップ、オプションの解説

1 2 3 4 5 6 7 8 9

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい